会社概要の本社のイメージ

会社 沿革

年 代 事 項
昭和51年 8月
(1976年)
東京都世田谷にてハイテック株式会社設立。資本金1000万円。
昭和51年12月
(1976年)
ソーセージ一本切り自動切断機「ハイカット」を開発。
昭和53年 6月
(1978年)
ソーセージ定量充填機「ウィンカー 800」を開発。
昭和55年 9月
(1980年)
ハム定量充填機「ハムラー 340」を開発。
昭和56年10月
(1981年)
ソーセージ高速自動充填機「オートウィンカー 10」を開発。
昭和57年 8月
(1982年)
横浜市緑区に工場を設立。
昭和58年 9月
(1983年)
ソーセージ高速自動充填機「オートウィンカー 20」をした開発。
昭和61年 2月
(1986年)
ソーセージ自動竿掛機「ヘルパー 10」を開発。
昭和61年 4月
(1986年)
新社屋完成。
昭和61年 5月
(1986年)
西ドイツ「IFFA展示会」に製品を初出展し、大きな反響を獲得。
昭和63年 3月
(1988年)
ソーセージ高速自動充填機「HITEC M-2」を開発。
平成 3年 5月
(1991年)
社長の全国食肉水産加工機械工業組合理事長就任。
平成 4年 3月
(1992年)
ハム定量充填機「ハムラー 720」を開発。
平成 5年 6月
(1993年)
ソーセージ定量充填機「ウィンカー 900」を開発。
平成 7年 2月
(1995年)
ソーセージハンギング装置「N-ルーパー」開発。
平成 8年 9月
(1996年)
アメリカ・シカゴに「HITEC FOOD EQUIPMENT INC.」を設立。
平成 8年 9月
(1996年)
ソーセージ高速自動充填機「HITEC M-3」を開発。
平成 9年 3月
(1997年)
ソーセージ高速自動充填機「HITEC M-10/HITEC M-20」を開発。
平成10年 5月
(1998年)
天然腸定寸充填機「リンクウェル」を開発。
平成11年 4月
(1999年)
ソーセージ定寸充填装置「リンクセパレーター」を開発。
平成13年 3月
(2001年)
財団法人機械振興協会より「中堅・中小企業新機械開発賞」受賞。
平成13年 4月
(2001年)
天然腸定寸充填機「マックウェル」を開発。
平成14年 4月
(2002年)
代表取締役に中村達郎が就任。
平成15年 6月
(2003年)
真空充填機「スタッフウェル 80」「スタッフウェル 200」を開発。
平成15年 8月
(2003年)
タイ・バンコクに「HITEC FOOD EQUIPMENT CO., LTD.」を設立。
平成16年 2月
(2004年)
自動竿取り省人化ライン「Automation」を開発。
平成17年 7月
(2005年)
オランダ・アイントホーベンに「HITEC FOOD EQUIPMENT BV.」を設立。
平成17年 9月
(2005年)
アメリカ「World wide Food Expo’05」に初出展。
ピーリングマシン「セーバー 10」を出品し、好評を得る。
平成18年 6月
(2006年)
天然腸ソーセージ定寸充填機「マックウェル-リボルバー」を開発。
平成18年 7月
(2006年)
ソーセージ定量定寸充填機 計量ポンプサーボタイプ 「リンクウェル-X」を開発。
平成22年 3月
(2010年)
ピーリングマシン「セーバー 20」を開発。
平成23年 6月
(2011年)
真空充填機「スタッフウェル 50」を開発。ソーセージ定量定寸充填機
計量ポンプサーボタイプ「リンクウェル-G2・ユニバーサルコンベア」を開発。
平成24年 3月
(2012年)
真空充填機「スタッフウェル 219」を開発。
平成24年 6月
(2012年)
糸縛り機「TYING MACHINE」を開発。
真空原木充填機 「バキュームハムラー 1320」を開発。
平成25年 5月
(2013年)
全ケーシングソーセージ 真空高速定寸定量充填機「バキューム リンクウェル」を開発。
平成26年10月
(2014年)
中国・青島に「海泰科(青岛)食品设备有限公司HITEC FOOD MACHINERY CO., LTD.」を設立。
平成27年 6月
(2015年)
真空充填機「スタッフウェル 222」を開発。
平成30年 4月
(2018年)
「自動台車掛け装置」を開発。
平成30年 4月
(2018年)
「こどもの国工場」を横浜市青葉区に設置。
平成30年 11月
(2018年)
タイの子会社「HITEC FOOD EQUIPMENT CO., LTD.」が新事務所に移転。
平成31年 4月
(2019年)
低床式真空食品移送ポンプ「スタッフウェル 219L」を開発。
令和2年 12月
(2020年)
真空充填機「スタッフウェル 30」を開発。